西武新宿線「武蔵関」駅 北口より徒歩1

小児歯科

小児歯科とは

Pediatric

人間は生後6ヵ月頃になると歯が生えるようになります。そのため小児歯科では、0歳児からのお子様が診療対象になります。主な内容は、虫歯治療をはじめ、乳歯から永久歯に生え揃うまでの期間のお口の健康管理などです。

当院では、お子様の歯の状態の中でもとくに歯並びに注力しています。親御さんの歯並びを拝見するなどして、成長によってお子様の歯並びがどのように変化し、最終的に口腔内がどのような状態になるのかを把握し、アドバイスします。その予想から歯列の間隔が狭まりそう、あるいは永久歯がうまく出てこない可能性が高く、お子さまに矯正治療が必要と考えられる場合は、床矯正をご案内するなどしています。

小児の虫歯治療について

また、虫歯などの歯科治療につきましては、お子様に無理はさせません。緊急性が必要なほどの痛みでなければ、椅子に縛り付けるようなことは行いません。そのため歯科診療が初めて、あるいは歯科での治療が苦手というお子様は、院内の所々を見まわしたり治療器具に触れるなどして歯科医院の雰囲気に馴染むようにしてから治療に入るようにいたします。くれぐれも歯科に通うことがトラウマとならないことに努めます。

なお乳歯は、永久歯に生え揃うまでの代わりでしっかり食べ物を噛めれば問題ないと考えられている方もいるかもしれませんが、顔の形を整えて顎の発育を助ける、言葉を発した時の発音のサポート、また永久歯が正しく生え変わるように導くといった役割があります。そのため永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、健全な食生活を送れるようにするためにも乳歯の頃からのしっかりした治療・管理が重要なのです。

小児の予防歯科について

当院では、お子様の歯質を強化する対策として「フッ素塗布」や「シーラント」などの虫歯予防を行うほか、お子様のためのブラッシング指導も個別に行っています。

フッ素塗布

フッ素には、虫歯菌が出す酸に対して歯の耐酸性を向上させるといった性質があり、虫歯になりにくくするようにします。また、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)して修復を促し、虫歯の進行を防ぐ役割も期待できます。なお一番効果的とされるフッ素塗布の時期は乳歯や生え揃って間もない永久歯と言われています。

シーラント

幼児期の奥歯は溝が深くて形状も複雑なので、歯ブラシの毛先がなかなか入りにくいことがあります。そのため、毎日ブラッシングをしていても、虫歯になりやすいです。シーラントは、そんな奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐという効能があるので、ひとつの虫歯予防対策になります。

ブラッシング指導

歯磨きの習慣がつくように3歳頃から行います。指導時は、保護者の方もご一緒に診療室で受けていただき、「仕上げ磨き」のポイントなどをご説明します。また成長に合った歯ブラシ選びの提案もいたします。

小川歯科医院

診療科目

一般歯科 小児歯科 ホワイトニング 矯正歯科 歯科口腔外科

所在地

東京都練馬区関町北4-4-2 シェモアムサシ2F

アクセス

西武新宿線「武蔵関」駅 北口より徒歩1

電話番号

03-3928-6480
ネット予約
ネット予約
ネット予約
診療時間 日祝
10:00~13:00
14:30~19:30

休診日:水曜、日曜、祝日
▲:14:30~17:30